« May 2004 | Main | July 2004 »

June 2004

Jun 28, 2004

溜まっているネタ

 日記とかいいつつ、blog更新を一週間さぼっていたShyNです、読んでくださっている方々(極少数っていうか、当方的に「読んでるよー」と言ってくださった方は計2名。現在もいらしてくださっているかは不明)、放置っていてゴメンナサイ。これからも、多分、こんな不定期ペースです。ゲームとかしたいし(ぇ

 で、ネタとして書こうとか思った物を羅列ってみます。賞味期限がきれたものとかもありますが、まぁ、いいや。


・私が愛用しているIEベースのTabブラウザー、Slepnirの1.60正式版が公開されました。すんごく前に。てか、今日あたりに、1.61も出ていたらしーです。

ATI社のRadeon系VGAカードのDriver、Catalystの4.6が出ました。これを元にしたカスタムDriveのOmegaDriverDNA Driverも新Verがでております。

・最近、またDiablo 2 Lord of DestructionのLadderをちまちまと遊んでおります。っていうか遊んでおりました。1.10 patchのLadder、終了するらしーです。がっかりこんこん。やっぱ、1日あたりの遊ぶ時間が少ない社会人には、ネットRPGとかって向いていないのかしら。ROとかも楽勝で負け組になるんですよねぇ。キャラの成長速度や資産(ゲーム内のお金や貴重なItemとか)のたまり具合が、かなりお寒い状況になりますね。「愚痴るよりプレーしろ!」って事なんでしょうけど。てか、それでblogの更新が滞るわけですが・・・orz

・昔遊んでいたLineage2の課金が開始。当然のごとく、お金はらってまで遊ぶ気、おきなかったり。グラフィックは良かったんですけどね。戦闘システムとか単調で、あまり私にはなじまなかったです。ROほどマナー云々が五月蠅くなかったり、雰囲気とかも嫌いじゃなかったのですが。もっとアクション風味が強いと嵌ったかもなぁ。対人戦で泣かされそうですがw

・春のGIシーズン。。。。競馬の予想、とうとう一度も載せませんでしたな。てか、馬券じたい、ぜんぜん買っていないわけですがw 宝塚記念にいたっては、レースを見るのも忘れていたという始末。競馬熱、すっかり冷めてるなぁ。

・佐藤琢磨が3位に! えーっと、途中まで見てました。気が付いたら寝ていましたね。それでも3時間睡眠くらいで出勤してるあたり、間抜けというか、どっちつかずの愚か者だったような。まぁ、F1はなんとなくビールを舐めながら眺めているのが好きなわけで。様々な理由からHONDA贔屓なので、ジェイソン・バトンが活躍するのも嬉しかったり。TOYOTAはどーでもいいや(ファンの人、ゴメン)。

・某とんかつ司のジャンボロースカツ定食を完食してみた。 まぁ、毎回(今回で3回目)たべきっておりますがw ちなみに、2度目からはキャベツは「普通で」にしております。キャベツもジャンボ(=超大量)にすると、涙目になりながらキャベツにドレッシングをふりかける事になります。普通キャベツでも、ものすごい量のキャベツなんですよ、マジで(他の注文でついてくるキャベツの量もすごく多いです。このキャベツ、美味しいんですけどね)。
お店の人にうかがったところ、手で千切りにしているそうな。ものすごい労力だろうなぁ・・・

・ROに今月も課金。 えっと、単に停止するの忘れましたです、ハイ。おかげさまで、ヘイルダム鯖在住の知人をEirにスカウトできましたが。支援Priで壁して30歳になっていただきました。その後、My露店商人と公平でおもちゃ工場でコンビ狩り。久々に楽しみました。このまんま、某ぷぅさん以来の相方になっていただけると嬉しかったりするのですが、「ヘイルダム鯖の息抜きに」程度なので、ダメっぽそう。
恒常的な遊び相手を探すのって、ほんと難しいですね。Playする時間帯とかもありますしねぇ。(そもそも、お喋り好きの私の相手をしてくださる方が、皆無)

・年金の事。 ぶっちゃけた話、元がバラマキによる年寄り票収集法だったのが間違い。年金がスタートした当時、1円も払っていなかった当時の60歳以上の年寄りが満額もらえたのに、たかが数年払っていなかった人間が減額されるのが、制度的に「ありえねえ」と。
 だいたい、収入ナッシングの大学生とかにも「負担」を求めている事自体、おかしいし。民間の年金保険のように、預けたお金の運用利益で支払っていくのが筋かと。
 共済年金なんてのが昔はあって、速攻で破堤したらしーし(当時の事をしらないので、親とかからの伝聞主体ですが)。国会の人間っていうか政治家は、「先生」とか呼ばれるだけあって年寄りばっかなわけで、未来に責任なんてまったく持つつもりないんでしょうけどねぇ。生産性ナッシングな老人を破棄する「姥捨て山」の方が、よっぽど理解できる世の中な気さえしてきますね。(あまり本気に取られても困りますが。私の両親だってすでに60歳超えてますし)

・拉致問題。 イラクの方は、メディアが過剰に「お涙ちょうだい劇」的にとりあつかったのが、一番鼻についたり。親族が感情的に捉えるのと、「アカの他人」であるその他大勢にとっての「理屈」が整理されることなくグチャグチャになっていたのを見るにつけ、この報道自体を目にするのさえ、嫌悪感をいだくようになったり。「自己責任」って言葉を方々で口にされるようなったの、私以外の人もそんな風にこの「報道」をとらえていたせいなんじゃないかしら。
韓国の方は、あからさまに政治利用されたようにしか目にうつりませんでしたね。「身内」である拉致被害者親族にとっては、帰国は大歓迎なんでしょうけど、拉致被害者当人の子供とかは、強制的に生活環境が劇的に変化するわけで、いい迷惑かも。3食の食事さえままならない、北朝鮮の人たちとちがって、中産階級以上の生活をしていたっぽいし。


まだあったきもするけど、この辺にしておくかなー。 一つ、書きたい事があるのですが、それは私的に、一個の記事として上げたいので、また今度・・・・(明日と言わないところがMy良心。でも、速攻で書いたほうがいいんですよねぇ、本当は)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 22, 2004

GIFのライセンスが失効。

 ネタ元:INTERNET Watch

これでやっとというか、ついに、気兼ねなくGIFで画像を保存できますね。

そもそも、ある程度以上世間にひろまってから特許料だのなんだの言いはじめる根性が嫌いだってのは、最近の特許ビジネスをみていても感じる事だったりします。


まぁ、当blogはまったく画像を使っていないから、どーでもいいわけですがねw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 21, 2004

リンクの追加。

 当サイトっていいますか、当blogは日記(更新が滞りがちですが)であり、雑記であるわけで、ここにおいてあるリンクも「blogっぽいところだけ」とかいう、当方による自主ルールがあったりします。

 まぁ、ぶっちゃけた話、どこかにスペース取ってTopページをつくって、フレーム内の日記コンテンツとしてこのblogは存在する・・・・予定なんですよ。なにも手をつけていませんが。

 なもんですから、友人・知人のHPやおすすめのフリーウェア、ゲームのデータサイトとかの類は、「ジャンル分けされたリンクページを設けるさいに張る」つもりだったりします。

 こんなMyルールをつくってあるにもかかわらず、本日、blogじゃないHPのリンクを張ってみました。だって「知り合ったばかりなのに、あちらはリンクってくれたわけで、こちらからも張らないと、ちょっと気まずいっていうか、俺が張りたいと思った」からです。


 そんなわけで、ひとつリンクが増やしましたが、はげしく個人様の連絡用サイトだったりするのが・・・・
問題あったら、ご一報くださいねー>サメちゃん様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 18, 2004

Railways !!

 えっと、タイトルと無関係にプロ野球のお話です。

 オリックスブルーウェーブ大阪近鉄バッファローズとの吸収合併の話を聞いたとき、2番目に頭に浮かんだ事が、「レールウェイズ」でした。

 最初に思った事は、「ナベツネの思惑どおりにいかなくてザマーミロ」でしたが。
 私が思うに、春先にあった球団名のネーミングライツの件で、「事前にオーナー会議にて討議されなかった」と、根回しが無かった事から、潰したのは、「近鉄球団の解散→所属選手を各球団で近鉄から買い取る」な絵図でも書いてたるんじゃねぇかなぁ、と、まぁ、そうかんぐっていたわけです(ゲスですね)。高額年俸の選手をほいほい買い取れる財力は、読売にしかないわけで・・・、とね。

 で、2番目に思ったのが、レールウェイズ。1985年に発売された、ナムコ社製のファミリーコンピュータ用の野球ゲーム、「ファミリースタジアム」にあった架空球団です。
 この球団、阪急ブレーブス(現オリックス)と南海ホークス(現ダイエー)、そして近鉄バッファローズの関西鉄道会社3社のチームの混成編成でして、各球団のクリーンナップが揃っているだけに、やたらめったらHRをうちまくるという、今年のジャイアンツ打線も真っ青の野球チームでして、「レールウェイズは強すぎるから取るな!」とか、人と対戦するときは、ダメ出しされる事も多かったりしました。

 まぁ、3球団の有力選手をスタメンにならべようにも、実際だとポジションのからみがあって不可能なわけですが、そこはゲーム。あまり打たない選手に代打をだしてさらに強化させていたりしました。この当時のファミスタに守備位置だの守備力だのって概念が存在しなかったんですよね(余談ですが、ジャイアンツの控えにはなぜかとっくに引退した王貞治・現ダイエーホークス監督もいたりしまして、山倉捕手のあたりに王を入れるのが当然とされていました)


 現実のオリックスと近鉄の合併でも、守備位置や所属枠(協約で1球団70名までと決まっている)の関係、年俸に外人枠などの問題もあるでしょうから、簡単に2球団がくっついたから、「来年は優勝争い・・・」とはならないでしょうけど、ぜひとも来年はがんばって欲しいなぁ、と、ちょっとだけ思ったりします。当方、北海道日本ハムファイターズのファンなんで、あまりがんばられても、嬉しくないんですよね(^^;

 それにしても、パシフィックリーグの球団が5つに減るのは、興行的にみても、かなり問題になりそうですねぇ。私はつねづね、
「各球団の所属人数を30名くらいまで減らす。球団は16まで増やし、地域性Upのためにイースタン、ウェスタンにリーグ分けを変える。2軍、3軍なんてものは廃して、現行のノンプロな野球チームの賛同・参加を促した上で、マイナーリーグ球団を30くらい作って底辺を広げる」
なんて事を妄想っておりました。Jリーグを見習って、将来的にはチームの入れ替え制とかもやれば、シーズン終盤までいろいろと楽しめるのに・・・と。

 10球団による1リーグ制なんて事も話にのぼっていますが、日本シリーズの無いプロ野球って面白くないと思いますけどねぇ。
 上位4球団のプレーオフなんてのをやったとして、シーズン4位のチームが優勝して「日本一強い」なんて、誰が思うのかしら・・・なんて。

 今年、ヤンキースの開幕戦をわざわざ東京ドームで(パシフィックリーグの開幕戦の邪魔になるタイミングだったのに)行われたわけですが、これも読売(ナベツネ)主導だったわけですが、
「野球人気の拡大のため」
なんて事をのたまわっておりましねぇ。
衛星放送等で視聴できる、ライバルコンテンツだという認識をもっていないあたり、ほんとボケまくってるなぁ・・・とか思うわけですが、日本のプロ野球、ホント大丈夫かしら?


PS )今になって思い出しましたが、当時のファミスタでは、各球団の球団名も選手の名前も、それっぽいフェイクな名前になっておりました。ロイヤリティとソフトの予想売り上げをはかりにかけて、そーいった事になったんだと思いますが。。。お金がからむと、面白く無い事ばっかり起きるのは、昔っからなんでしょうねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 15, 2004

MX510使用記

 当方はヘタの横好きでいろいろなゲームをやっては、余暇どころか睡眠時間まで無駄に費やして、人生を棒に振っているわけです。

 PCでゲームをするにあたって使用する入力デヴァイスってのもけっこう気になるタチでして、某JAXISをやるにあたってはキーボードを新調してみたり、フライトシミュの操縦桿やドライビングゲームの為のハンドルなんて物を買っては死蔵しているわけです(しばらくすると違うゲームに気が移るから)。

 最近遊んでいるゲームの一つにCall of Duty(CoD)があるのは、パッチが出た折にとかふれているので、ここを何度も訪れてくださっている奇特な方はご存じかもしれませんが、初めて来た方は当然のごとく知らないでしょうからちょっとダケ触れておきますと、FPSです(ぁ)。っていっても大多数の方には「なんのこっちゃ」か。
 端的に申しますと、プライベートライアンみたいな感じのWWIIを舞台にした「戦争ごっこ」をやっているわけです。3次元なグラフィックで鉄砲の撃ち合いをやっている・・・と。

 このCoDで遊んでいて、ちょくちょく(私だけに)おこるトラブルに、マウスの左ボタンをクリック(敵を撃つときに押す)すると、射撃するかわりに武器を持ち変えるという事象がありまして、これが原因で反撃くらってアボーン(死亡)とかになるわけで、プレイしていてすごく不快なので、原因をあれこれ調べたのですが、どうもマウスがぁゃιぃ模様。

 私がここ2年ほど使用しているのはMSのホイールマウスでして理由は「ボールマウスでかつ安くて品質安定っぽい」からだったりします。
 なぜに「ボールマウス」である必要があったかと言いますと、昔買ったMSの初代インテリポイント(最初にでた光学マウス)が、「まったく使い物にならなかった」からだったりします。ちょっと素早くマウスを動かすと、マウスカーソルがあらぬ方向へワープしまくるので、デスクトップ上のアイコンさえ押すのが面倒、FPSなんてやろうものなら、素早くマウスを動かす都度、はちゃめちゃな挙動をするため、「半日で窓から投げ捨てた」(やや誇張)という、ナイスなトラウマがあった為、以後、ShyNのPCにつなげるマウスはボールマウス限定となっていたのです。

 さて、MX510とは、上記の雑文から「マウスの型番に違いない」と、まぁ、勘の良い読者諸兄にはおわかりだと思います。が、あえて説明させていただきますと、「Logitech社製の最新型Opticalマウスの型番」だったりします。
 つまり光学マウスを買ってきて、しばらく使ったので、レビューを書いてやろうと、まぁ、こーゆーわけです(長い枕だった・・・)。

 なぜに、光学式マウスを使う気になったかと申しますと、おさんぽコースの一つである、はいふぁっと!様にて、MX700の記事(Logitech社製のOpticalな上にコードレスなマウス)がでておりまして、最近の光学式はすごいのかもしれない・・・とまぁ、思っちゃっただけという。
 しかもMX510は、前作の500や700(コードレスな点が500と違う)、900(コードレスで通信部分がブルートゥース)などよりも、スキャン性能が更にあがっているとかで、「これならマウスカーソルがワープしないかも」と期待しちゃったわけですね。(踊らされやすい性格だな、私)

 さて、このマウスですが・・・マウスカーソルのワープはまったくございませんね。私が試した限りは、ですが。MSの初代がまったく機能しなかった白単色なリノリウム張りの机(私のPCデスク)の上でもきっちり動きます。もぉ、これだけで最初のハードルはクリアーだったわけですが、これだけじゃレビューにならないので、雑感を。。。

 このマウス、左側面にボタンが2つついているのですが、前方側っていいますか、コードに近い方のボタンが押しにくいです。この形状だと私の手(けっして小さい方ではない)には余りますね。欧米人の男性なら問題ないのかもしれませんが、私がこのボタン二つを親指できちんと操作する為には手のひら全部をマウスの上に載せないとダメです。

 普段は手首に近い部分を机の上において支点にしてマウスを滑らせている私には、この手の載せ方はかなり使用感が悪いです。手の重みでマウスを机に押しつけているような格好になって、腕が疲れます。普段のマウスの握り(?)方では、親指が前方のボタンにまったく届きません。左右クリックのボタンは問題なく押せるのですが。

 マウスホイールの前と後ろにもボタンが1つづつ付いているのですがこれも、上記と同様、ホイール前方のボタンにはまったく指がかかりません。更に、マウスのてっぺんといいますか、ホイール後方のボタンのさらに後方(説明ベタだなぅ)にもボタンが存在するのですが、これもあまり押し良いとはいえません。

 ホイールの回転にはひっかかりがあって、これは好感がもてます。最近のMSのマウス等(チルトホイールって使いやすいですかね、アレ?私はかってに左右にぶれるのでけっこう苦手なのですが)はスムーズに回りすぎるため、自分の任意の行数だけスクロールさせる等がしにくいと感じるだけに、これは地味にうれしかったりします。
 ホイールのクリックは逆にかなり深めのストロークかつ重いので、ちょっと使いづらいです。頻繁に押すような機能は設定しない方がいいかも。まぁ、ホイールクリックなのか、ホイールスクロールなのかを、人によっては使い分けはしやすいかもしれませんが(私は逆にクリック時にも前後させちゃうのでダメ)。

 左側面やホイール前後のボタンはDriverで色々機能の割り当てや任意のキーを割り当てられます。が、これの設定をアプリケーション別にする事はできないのは、ちょっと残念。MSのIntelliPointもVer4.1までは個別アプリケーション限定の設定ができたのですが、5.0になってからは特殊な機能の割り当てられるかわりに、こーいった機能がなくなってしまっていたりします。
 初心者にはぱっと見ですぐに機能を割り当てられるのも良いのかもしれませんが、私には物足りないです。

 私は、かわりにX Wheelなんてフリーウェアを使用しておぎなっています。


 褒めるつもりが、あまり良いことを書けませんでしたが、品質は良いです。指がとどかないボタンは使わないと割り切(そもそもそれまでは2ボタン+ホイールだけのマウスだったのでぜんぜんOK)れれば、快適に使用できます。本体の色がブルーなヤツしか無いので、カラーコーディネートを気にされる向きだと、ちょっと躊躇されるかもしれませんし。

 色といえば、微妙に黒とのグラディエーションパターンになっているのですが、「一つとして同じパターンは無い」そうなんですけど、店頭で購入時、どれも見ても同じにしかみえませんでした(苦笑

PS)しっかし、無駄に長いなぁ。これ、最初っから最後まで読んだ人、ぜったいにいないだろうな・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 10, 2004

6/9

 今日は休暇でした。まぁ、土曜日にその分を働くんですけど(ちなみに日曜日も仕事。その分は月曜日に休んでみたりする)ね。

 今日は朝から職場の野球部練習があり、普段よりちょっと遅い時間に起床し球場へ。10-15時まで、ひたすら球をおいかけて、バテバテになるも、楽しかった。少しでも脂肪の燃焼と筋力の増加に繋がれば言うことないんだけど、普段の行いがお察しくださいなのが・・・orz


 過日に紹介したばっかのROTENPAI氏、はやくもアカウントがバンされた模様。チーターやBotter、不正ツール使用者はよう取り締まらんくせに、HP持ちのちょっとオイタ系な人はとっととバンするのね。
 ゲーム内人格で悪人とかを演じるのも、悪い事だとは思わないけどなぁ。自分でやる気はおきませんが。RO内にいる♀キャラなネカマも同じように取り締まってほしいものですね。
 とかいいつつ、私も♀アカウント持ちだったりするわけですが(苦笑

 サッカーの日本vsインド、7-0の楽勝でしたね。まぁ、素直にこーゆーのを喜んでみているあたり、ちっとは私にも愛国心とかあるのかしら。愛国主義的な思想て、あまり好きではなかったりもするのだけど。

 最近、物忘れが激しいです。青年性痴呆症かしら(ぇ
このあいだ、PS2のメモリーカードを買ってきたのですが、すっかり忘れていました。あ、買った事を忘れたのではなく、買った物をどこに置いたのか忘れただけですけどね。てか、PS2つかってないので、ぜんぜん困っていなかったりもしますが。

 友人にさそわれて、Joint OperationというFPSゲームのβ版を遊んでみた。意外に軽いし、現代戦も新鮮。ちょっと遊んでみようかなと、思ってみたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 09, 2004

これが食えるか!?

 友人のBBSで、マクドナルドの話題になりまして、マックグラン、食べるぞー、と。
で、思い出したのが、匠レタス。うちの近くのモスが閉店したりしていたので、すっかり「食べよう」な事を思った事を忘れておりました。

で、この匠レタス、どう考えてもカロリー的にも、お腹的にも随分な量があるのですが、世の中にはもっとハイカロリーで、食べ応え十分なハンバーガーがございましてね。

元はまぁ、オーストリアあたりのマックで販売されているらしい、メガマックという、ビッグマックのパティを倍(つまり4枚)にしたヤツなわけですが、これを創作・アレンジしたブツものが、その名も
ヨッタマック

数量をしめす単位として、メガ(Mega)→ギガ(Giga)→テラ(Tera)、あたりまではHDDの単位等、PC界で使われたりもするので結構ご存じの方も多いでしょうが、その後にペタ(Peta)→エクサ(Exa)→ゼッタ(Zetta)→ヨッタ(Yotta)なんて具合に続くんですねぇ、ShyNまぁ~たまた一つ、お利口になっちゃったもんなぁ~(ぁ

 私はまぁ、仲間内(特に草野球チーム内)ではけっこう「大食い」とか思われていたりするし、実際に「とんかつ司」(実は私の住まいの近所にある)のジャンボロースカツ定食(人の顔ほどもある大きさの豚カツに、見る人を圧倒させる山盛りの千切りキャベツが付く)は完食できたりしたのですが、このYotta Macは絶対に完食できそうにありません。てか、胸焼けしそう(汗

・・・・なんて事を思ったのは、実は3年ちかく前、上記URLのページが某メジャーHPにて紹介されていた時に思った思い出だったのですが、いまでもこのページが残っていて、すんげぇ嬉しかったり。今見ても、やっぱり食べられそうにないですけどねw てか、昔よりはさすがに食が細くなったし。

面白いからと言って、よゐ子のみんなは、食べ物を大事にしましょうね~。お兄さん(ここポイント)との約束だよ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 08, 2004

最近のRO

 長らく休止していたRagnarok Online(RO)ですが、IrisからEirへの移住に課金が必要なのと、Lineage2が一段落ついた(というか引退した)ので、またぼちぼち遊んでいたりします。

 私が昨年2月から10月くらいまで育てていたのは、両手剣をふりまわすAGI騎士でして、ASPD(攻撃速度)に特化させる為に、AGIカンスト+AGI上昇装備+高DEXなステータスだったのですが、いつのまにやらASPDの上限が199から190に下げられていた為、ただの非力なゴミに成り下がっておりました(この9の差で1秒間の攻撃回数がまったく違うのです)。

 で、以前に仲間のアコライトをプリーストにするべく作って、目標を達成したので放置っていたWizardの方で遊んでいたりするのですが、感が鈍っているのかコロコロしにまくっております。

 このゲーム、ちょくちょく運営サイドでゲームバランスの修正・調整がおこなわれるのですが、それにともなってステータスやスキルの再配分とかは、行われなかったりします。キャラの育成には(私的には)膨大な時間を費やす為、この変更が実に痛かったりします。

 そんなこんなでプレーしようと思う時間自体が自然と少なくなっていくわけですが、RO関連のHPを眺めるのは、結構楽しかったりもします。まぁ、たいがい「なんでこの人みたく、私は楽しく遊べないんだろう?」とか思っちゃってるあたり、とっとと他のゲームに乗り換えたほうがいいんじゃないか、とも思うんですけど、ダメはダメなりに自分の育てたキャラに愛着とかもあるわけで。

 で、最近はじまったROのサイトに、こんなページがありまして。かなり気に入っていたりします。ROは過度に「いいこちゃん」が推奨されている割にGvGやPvPの要素がある点(どう考えても人との競争・対立の場をもうける事は、場の空気をなごませる方向とは逆だと思うわけで)を私はかなり疑問符で眺めていたわけですが、こーゆー「悪人」的なプレーが「アリ」になればより、Role Playなんじゃないかなぁ、とかおもったり。

 その点ではPKアリなLine2な方がもーちょっと「その世界で生活している」感があってよかったようにも思えます。まぁ、自分じゃPKとか詐欺とかはやりませんでしたが。
(そのかわり、運営サイドから禁止されている、本来通過できない山を無理矢理越えて、移動時間の節約なんて事はやっておりましたw)

 話がソレちゃいましたが、プレーにかんするモチベーションの持ちようが無い点で、私のROは終わっているのかもしれません。某TENPAIさんのような意欲は、普通にうらやましく思えるわけで。
 とっとと、違うゲームを探せって事なのかもしれませんが、ちょっと気になっていたTales Weaverにも、そのうち対人戦な要素がもりこまれるとかで、日のプレー時間(MMO-RPGはつまるところ1日あたり何時間遊んだかで、キャラの成長が決まる→所持金・装備=強さも決まるので)からして、負け組にしかなれない当方としては、がっかり至極。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 03, 2004

私の世代

 休み前日の夜中に、ぼーっとTVを眺めていたところ、一つのCMが流れました。聞き覚えのある曲・・・
私が中学の1年だったくらいに流行ったA Flock of SeagullsのI RANでした。このバンド、奇抜なヘアスタイルに、シンセな曲で一世風靡したのですが、まぁ、後がつづかなかった感アリアリの、まぁ「一発屋」的な売れ方に終わったバンドでして、私の周囲、だぁ~れもこの曲もバンドもしらなかったわけですが、私自身にとっては、洋楽にはまるきっかけを作った曲の一つでもあり、感慨深い思いで、このCMをながめておりました。

 で、このCM、CAPCOMの車なゲームっぽかったのですが、曲に気をとられて、まったくどんなゲームか覚えていなかったりします。友人にCAPCOMにつながりのあるゲームのシナリオライターがいるので、訪ねてみたのですが、ゲームのタイトル不明、そもそもCM自体はCAPCOMが作るわけでもないって感じで、まぁ、話題の振り方も不味かったというか、そんな感じだったのですが、最後に彼はひとこと、
「ま、CM制作現場、俺らの時代になったって事だよねー」
と、言いました。

 この曲にかぎらず、私が青春時代(この単語、すんげぇハズカシイですね、口にしたり文字にするの)に聴いた曲、よくCMで耳にするのも確か。Styxだの、シンディ・ローパーだの、Queenだの、いろいろと思い当たるフシ、あるんですよね。ニュースステーションでもU2のWhere the street has no nameが流れてたし。

 前述のシナリオライター氏、最近の仕事で某スパロボの最新作とやらにかかわったらしいのですが、彼曰く、
「このゲームを買うのは、うちら世代と、うちらがロボットアニメをみていた年齢にあたる子供、はっきり二つの層に割れて、中間の世代には売れてない」
とか。登場人物の声優が、他の番組で担当した別キャラの事をネタにしてあったりとか、
「判る人にしか判らない」
フリがあったりとか、
「うちら世代でロボットアニメみてた人には、マジでおすすめ。こっちが悪ノリしすぎたかと思ったら、バンプレストサイドでさらにノッテきたし」
とか、まぁ、良くも悪くも、私たちが、物作りの中心におるのね、と実感してみたり。

 私の世代の人間作る物をみたり、聴いたりして、次の次くらいの世代に影響をあたえるとして、その世代の人(子供たち)が、今の私くらいの年齢になった頃、どんな思いでこの時代を振り返るのでしょう・・・? 良い影響を与えられるといいんですけどねぇ。

 まぁ、私はそんな影響を与えるような仕事はしていないわけなんですが。子供もおらんし、責任とかはないなぁ、とか微妙に逃げてみるtest。

PS)カプコン "I RAN"でぐぐってみたところ、トラックバック先のURLがHitしました。。。。が、ここでも、どんなゲームのCMだったのかは、まったくふれられておりませぬ。CM作者様、ゲームより曲のインパクト強くて、ゲームの方が記憶に残らないのですが!(んなヤツ、極一部の人・・・A Flock of Seagullsファン・・・だけかw)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 02, 2004

CDDB

 今日はお休みだったので、日がな一日、PCの前でぼーっとしておりました(途中、昼食を食べに外出したけど)。
で、IRCで友人と会話している時に、CCCDの話になり、
「普通のプレイヤーで再生できなかったり、できてもプレイヤーの寿命が縮んだりして嫌だよねぇ」
な感じに、CCCDの悪口をいっておりました。まぁ、実話だし。

 ピックが異常な程あちこち動くので、プレイヤーの寿命、確実に縮まる、読み込んだデータをバッファリング(キャッシング)するメモリーが無いような、据え置きでの使用が前提のプレイヤーでは音飛びする、正常な再生を妨げる構造になってるわけで、ユーザー側にとってこれ程迷惑な話はないんですよねぇ。

 でまぁ(私、口癖のように使いますね、この言葉)、いきおい某ソフトっていうか、Exact Audio Copyの事に話はおよびまして、まぁ、自分でもCCCDのままじゃ不都合な某Diskを、CD-Rに焼こうかな・・・なんて感じに作業したしだい。

 Waveファイルは順調に全部完成。ついで、CD-Rドライブに付属していた某メジャーなWritingソフトでCD-Rに焼いたわけです(直にCCCD→CD-Rにしなかったのは、PCで聴く為のMP3ファイルも作るから)。

 完成したCD-Rに焼きミスとか無いかチェックする為に、DVD-ROMドライブの方に入れると、普通の音楽CDとして認識され、Windows Media Player(あまり好きではないのだが、OSを入れ直すたびに標準のプレイヤーに勝手に設定されるので、もはや放置。最近は自分のPCのスペックもあがって、重く感じなくなったし)

 演奏は順調。一度音が飛んだんですが、CDをまんま再生せずに、デジタルデータとして読み込むMedia Playerにはたまにあることで、もう一度同じ部分を再生したら、普通だったので吸い出し・書き込みミスではなかった模様。

 そのまんまMedia Playerをぼんやり眺めていたのですが、ふと気が付くと、演奏している曲のタイトルや、アーチストの名前が表示されているのです。
 waveファイルとして各トラックを別々に吸い出して焼いたCD-Rなのに、なぜなんだろう?
CCCDをあやまって再生したって事はないです。Media PlayerはCCCDを再生できませんし。ちなみに、洋楽の日本語版なのを吸い出したのですが、ちゃんと日本語版とさえ認識しています。
気になってCDDBでデータを呼び出すと、こちらもちゃんとアルバム名や各トラックの名前がかえってきました。

waveファイル群→CD-Rで、なんで、ちゃんとCDDBが機能するんだろ。waveファイル単体でも、曲名認識できるのかしら?(無知)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 01, 2004

バットを買いました。

 草野球チームのチームメイトが購入したバットをなんの気なしに借りてみたところ、えらく使いやすく感じ、又、そのバットにて3試合で計3本もツーベースを打てちゃったりしたので、

「これは、自分でも買わねば!」

なんて思って、注文したブツが今日、とどきました♪
で、購入したのは、
http://www.rakuten.co.jp/bbtown/539572/539414/546663/
のバットだったりします。(楽天で買ったわけじゃないのですが、ナイキのHPがFlash使いまくりで当該商品のURL晴れなかったのです^^;)

私は(北海道)日本ハムファイターズのファンなわけですが、中村紀洋モデルです・・・(汗
まぁ、自分で使いやすいのが大事って事です。(ミズノの小笠原モデルとかも欲しいんだけどね)


 この中村モデル、740g,84cmなモデルはうちのチーム内で2名が所有していて、私もそれを借りていたわけなんですが、私が買ったヤツは750g,85cmの方だったりするわけです(あえて選んだ)。
持った感触は悪くないのですが、自分のバットで打てなかったら、どーしよう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »