« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

May 29, 2005

もうすぐ発馬

はてさて、今日は東京優駿(日本ダービーと言うほうが通りがいいですね)の日。

もーすぐ発走ですが、今年はディープインパクトの二冠達成が濃厚。

私の買い目は、5-1,5-7,5-12の馬単。

お小遣い、増えないっかなぁ~w

ディープインパクトが勝つと、無敗のダービー馬はミホノブルボン以来になるんだったかな?
ミホノブルボンのダービー、東京競馬場で見たんですよ私。なつかしいなぁ・・・
当時は枠連で馬券を取ったんだけど、今日はどうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

女性専用

 私は決して鉄っちゃん(=鉄道マニアの事)ではございませんが、二日っていうか、二回つづけて鉄道関係の話題です。

 本日より、首都圏の大手私鉄で、朝夕のラッシュ時等に女性専用車両が設けられる事になりまして、私が出・退勤に利用している西武新宿線も、先頭車両が女性専用になっておりました。

 まぁ、女性専用車両じたいは、痴漢行為(や冤罪事件)の事もありますし、「あってもいいんじゃないかなぁ」と、やや肯定派な当方ですが、先頭車両(西武池袋線の場合は最後尾車両)って位置は、いかがなものかと。

 西武新宿線(の上り電車)の場合、利用客のうち、西武新宿で降りる人間と、高田馬場でJR山手線or地下鉄東西線に乗り換える為に降りる人間が多いんですよね。
 で、西武新宿の場合は、改札口が先頭車両のさらに先、高田の馬場の場合では、最後尾から乗り換えるパターンが多かったりする為、西武新宿まで行く人間(私もです)にとって、先頭車両が女性専用ってのは、ちょっと辛いっていいますか、「二両目がすんげぇ混んだ」んですよ、えぇ。利用客の割合からすると、女性ってのは男性より少ないわけで、ニーズの高い先頭車両を女性専用にするのなぁ・・・・って思えたり。それに、高田馬場で降りたい女性にとって、先頭車両ってのは、ちょっと不便そう。

 また、池袋線の場合も、池袋駅の改札口がホームの先にある為、最後尾車両ってのは、かなり不便じゃないかと。

 そもそも、なんで、新宿線が先頭で、池袋線が最後尾に設定されたのかも、理解できなかったり。真ん中にもってくるのが、いいんじゃないかなぁ・・・なんて思ったり。所沢、東村山等、他ホームへの乗り換え用の連絡橋も、真ん中の方にあったりしますし、高田馬場も山手線の連絡橋(改札口になっているけど、外には出られない、乗り換え専用)なら、真ん中の方にありますしね。

 まぁ、私が池袋線利用者だったら、「最後尾なんだし、俺には関係ないね」くらいでスルーしちゃっていたところですが、「私、一昨日までずっと、先頭車両に座って通勤していたんですから!残念!」なもんで、人ごとじゃなかったり(ぁ

 今日は二両目に座って通勤したんですが、隣に座っていたのは女性でした。二両目、先頭車両に比べて、かなり混雑していたのに「おまい、あっち逝けYO!!」とか・・・・誰もいいませんでしたね。私はちょびっと思いましたが、日記のネタになるなぁ、とも考えたりしていたんです。
 で、朝早々から日記のネタができたぞ、うひひひひ・・・とか、考えながら西武新宿に到着したので、降りるべく立ち上がったところ、前にまだ立っていた人にぶつかりそうになりました。ちらっと見たら、この方も女性でしたw


PS)女性専用車両に乗ってないんだから、痴漢されたいんだろ、実は!? とか、変な事を考える人、いないんでしょうか。。。。女性専用車両の方が混んでいるんなら別ですが。(女性トイレが混んでいるからって、男性トイレの個室に、ずかずかと入ってくるおばさん、いますよね。あーゆー人間、気持はわからなくもないですが、恥もヘッタクレもないっていうか。あんまりお近づきになりたくないタイプでは、ありますね。関係ないけど)

| | Comments (2) | TrackBack (3)

May 04, 2005

事故と自己都合

 JRの脱線事故、おきた当初には予想もしなかった大惨事だった(脱線くらいで死者がでるとさえ、思わなかったですね。第一報を聞いた時は)わけですが、後日談といいますか、同列車には、出勤途上のJR社員2名(運転士)もいたそうで・・・

 で、世間様は圧倒的に「なぜ、救助活動をしなかったんだ?」風に、立ち去って出勤した社員2名をバッシングしてるっぽいんですが、これってどうなんでしょうねぇ。

 んじゃ、脱線した車両に乗り合わせていたJR社員2名いがいの人間は、全員、救助活動に参加したんでしょうかねぇ? 出勤時間や、取引先との待ち合わせ時間がせまっていた人とか、怪我もなく、時間の余裕もなかったら、とっとと現場を後にして、自分のスケジュールに間に合わせるべく、行動したんじゃあないかと。

 「事故を起こした会社の社員だろうが?」って考え方もあるんだろうけど、では、その社員2名がこなすはずの仕事はどうなるのかなぁ・・・っていいますか、たとえば、「次のX時XX分発の列車は、運転するはずの社員が、脱線事故の救助活動に参加している為に運休します」とかになったりした場合、事故った路線とまったく関係なくても、運休に納得いったりするでしょうか?

 だいたい、現場に残っていて、その2名がやれる事ってなにがあったんですかねぇ。たかが(失礼)JRの社員なだけで、脱線した車両を持ち上げたりできるわきゃあないし、救命救急のスキルがあったりとかするかもぁゃιぃっていうか、タブンない(そこのあなた、救命士の資格もってますか?)。

 列車の運行スケジュールを秒単位ではかって、区間による遅れをあーだこーだ言っていた会社が、出勤時刻にたいして、寛容だとも思えないっていうか、絶対に遅刻にたいして、欠務処理で、給料減額しそうなわけで、現場を早々に立ち去った社員も、すこしでも速く出勤しようって事しか頭になかった可能性が大きいんじゃないかなぁ。


 まぁ、脱線事故をおこして、多数の死傷者をだしたJR西日本そのものは(この件に関して)「悪」なんでしょうけど、だから、なんでもかんでも叩けばいーってもんでもないんじゃないかなぁって、私は思っただけなんですがね。
 ネタ元の記事的には、運転士も救助活動に加わるべきだった!な論調ですけども、運転士2名がその場所に居残って、なにができたか・・・・とかは、まったく考慮してないって点において、すごく無責任というか、一方的な論調なんじゃないかなってのが、私の感想。(事故そのものにたいして、そもそも社員2名が現場に居残った場合、なにかをできたかって事の検証がまったくなされていないって事ね)


 事故に遭われた方、お亡くなりになった方にたいしては、お悔やみの言葉を申し上げます。でも、なんでもかんでも関係者は吊し上げ、連帯責任とれや!風味な考え方ってのは、私は同意しかねます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »