« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012

Sep 21, 2012

カンセンキ

 本日は約一か月ぶりに、西武ドームでの野球観戦。仕事を定時で終えて、西武新宿駅から西武球場前行の臨時急行(西武ドームで試合がある時だけ出てる列車)の最後尾に(所沢駅で池袋線に入る際に先頭車両になるので)座る。

 ここまでは予定通りだった。西武新宿駅でベーグルを(軽く行列ってたので)買い損ねた以外は。んが、東村山駅でなにやら車内放送。東長崎駅で人身事故により、池袋線の上りが止まってるとか。西武球場方面は下りなんだが、やっぱり所沢についたときには上下線とも止まってる。まぁ、終点までいった下りは上りに変わるわけで。

 しばらく放置プレイの後、あとから来た小手指どまりの列車が先に出るので、西武球場前に行く人間もそれにのって西所沢で乗り換えろとの事。あわてて列車を乗り換えたが、はたして西所沢にやってきた西武球場行きの列車は、俺がさっきのっていたヤツ。オペレーション乱れまくりっていうか、ダイヤ操作してる人の頭の中が混乱しとるねい。

 やっとこさ球場前駅にたどりつくと、そこは雨国だった。つーか、土砂降りだった。傘なんて「無い」。まぁ、巨大傘のようなものがかぶさってる球場なんだし、入っちゃえばなんとかなると、無理矢理駆け抜けて、球場に入るとスコアは2-1で2回の表。初回に野上を攻めたてて2点奪ったんだけど、その後の攻めが不味くてKOできなかったらしい。車で先にきていた親父曰く「上手くせめてりゃあと2点くらいとれたんでねーの」とか。ライオンズの1点は浅村の先頭打者HRで、「ギリギリ入っちゃったくらいな当り」らしい。まぁ、95mでも150mでも1点は1点よね。

 初回は乱打戦になりそうな模様だったらしいが、俺が席についてからの試合展開は実にタンパク。ヒットがほとんど出ない。初回にHRされた浅村には吉川がむきになってか、151kmの直球から入ったあげくに四球で出塁させていたが、盗塁失敗とか、どうにも盛り上がらない。20時半までに試合おわっちまいそうな勢いだった。7回までは。

 8回表、Fsは1死満塁とするも、せめて外野フライ!と期待した中田は(チャンスであまり打たないのはいつもだが)1塁ファウルフライ、続く稲葉もセンターに打ち上げ無得点に終わったもんだから試合がおかしくなる。完投ペースで投げていたように見えた吉川、先頭の熊代にライト前安打で出塁を許す。続く元銀次郎は送りバントを打ち上げてキャッチャーファウルフライ。「ありがとう!また頼むわ~」とか俺が叫んだのが悪かったのか、9番の大崎はきっちりバント成功。2死2塁に。表に1点でもとってりゃ、こんな作戦はなかったろうな…とかいう場面でなんかタイミングがあってる浅村。敬遠は勝ち越しのランナーになるけど、ギリギリ狙って歩かせちゃうんでもいいかねぇ、とか思いながら固唾をのむ。

 初球、2球目とストレートが続く。そして追い込む。「次は変化球かねぇ。」と見てるとスライダーあたりの変化球。が、空振りをとれない。次の球も同じ球っぽい変化球。そしてその次、さらに同じ球っぽい変化球を浅村に弾き返され同点打を喰らう。「来週の札幌もあるし変え時かねぇ。同点でも増井だすか、左の秋山だし調子がいい石井かね。宮西最近お疲れだし。などとブルペンみながら考えていたが、そもベンチは微動だにせず続投。そしてヒットを打たれて、二死1,2塁で首位打者中島。ここまでは抑えていたけど限界ぽいけど、大丈夫かねぇ。。。と見てると、見事に左中間へライナーで飛ばされてタイムリー。しかも中田からの返球を金子がぼんやりセカンドよりで受けて、中島に三塁まで走られる(記録が二塁打か三塁打かは知らないけど、アレは誠にスキがあったとしか見えなかった。だいたい、ボールをとってセカンド方向をみてから、あわてて三塁へ送球してるくらいに走者中島の位置がわかってなかった)。

 ここでやっとこさベンチが動いて、増井投入。2点も勝ちこされて増井かよ!モルケンあたりでいーだろ。。。とか見ていたが、私がgdgd書いたわりに、あっさり4番中村三振。まぁ、blogよか先に時事進行しているわけで、勝手に私が余計な部分を膨らませてるダケですが。

 9回表、涌井が予想通り登場。ついでに、サードのヘルマン、ファーストのオルティスが涌井にマウンドを譲るウィリアムスとともにいなくなる。外人3人とっかえとか、なんか受ける~。これで同点においついたら、あとの反撃が軽くていいわーとか思う。ついでに、8回裏に1死1塁でバントしていた大崎もひっそり交代。この選手、打力と守備力、どちらも買われてないって事なの?のわりにスタメン?立ち位置がイマイチわからん。

 先頭の小谷野が安打で出塁するも代走が出ない。2点ビハインドだもんねってあたりが8回の裏返しになってる感。続くホフパワーに同点本塁打を期待するも、レフトにフライを打ち上げる。。。んが、大崎から守備固めで変わったはずの星が落下地点を行き過ぎて落球、ファールに「もうけ、もうけー」と酔っ払いShyNは野次ったりしたわけだが、打ち直しのマイカ君、あっさり直球を空振り三振。146kmとか、並じゃんか。打とうよ、前に。。。

 続く鶴岡はベンチ前で素振りしている近藤と交代?とおもいきや、普通に打席に。代打陣弱体化したなぁ。。。春先はヘタすりゃホフパワーとスレッジふたりとも代打で出てくることあったのにw 二岡はチャンスが広がらないと出さない感じかねぇ。。。そして鶴岡あっさり凡退(記憶にないがたぶん三振)。そして金子にかわって代打近藤。杉谷とかまだ一軍にいたよな、鵜久森は下だっけか?とあまり期待せずにみていると、あっさりサードゴロ。代わったところに打球はいくってよく言うわけだが、星のようにエラーすることもなくゲームセット。なんという消化不良試合。


 追い打ちをかけるかのように、ゲートを出ようとしたらまたも土砂降り。あまりにひどいのでゲート付近で雨宿りをしていると、なんかイベントでグラウンドに入れるらしく、イベント参加希望者ではなく雨宿り組みな人も通路ふさがない為にグラウンドに入ってくれとの事で、バックスクリーン下からセンターあたりへ誘導される。結局、雨の降りが並になるまで30分ちかく時間を潰し、帰途へついたという。。。


ナンカツカレタ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »